大本山成田山仙台分院の初詣

正月巫女バイト動機

仙台初詣   サイトマップ

正月巫女バイト志望動機

正月巫女バイト志望動機

仙台初詣巫女巫女募集詳細|正月巫女バイト志望動機|巫女画像1巫女画像2巫女画像3FLASH

 正月巫女バイトの志望動機です。巫女バイトをしてみたい貴女も参考にしてみてください。

正月巫女バイト動機 袴を着て立ち振る舞う姿に憧れて

初詣巫女  私は大本山成田山仙台分院で、年末年始、初詣の巫女バイトになることを強く志願します。
 私は、高校生の時に友人が巫女バイトの助勤をやっていたことをきっかけに、寺社での巫女バイトに興味を持つようになりました。
今まで、巫女バイトは寺社に縁の深い方や修業を積んだ方しかなれないものだと思い込んでいたので、友人から話を聞いた際にとても驚いたことを、今でもよく覚えています。
さらに、初詣などでの巫女バイトの方々の、袴を着て立ち振る舞う姿に、幼い頃から憧れていたこともあいまって、「いつか私も巫女バイトの初詣の助勤をやらせていただきたい。」と強く思うようになりました。
 特に今年は、無事に第一志望の大学に合格できたこと、また、充実した大学生活を送ることができたこともあり、 是非、初詣中にご奉仕巫女バイトをして, ささやかながらも神様への感謝の気持ちをお伝えできたらと考えております。
大本山成田山仙台分院仙台初詣巫女 そんな中、こちらの寺社の仙台初詣の巫女バイトホームページを拝見し、今回巫女バイト応募させていただきました。
 私は今、東北大学理学部○○学科に所属していて、将来は世界を舞台に活躍する研究者になりたいと考えております。
しかし、生まれてからずっと日本で生活しているのにもかかわらず、日本文化に深く慣れ親しんでいるわけでもなく、日本人としてのバックグラウンドの薄さを実感していました。
実際に留学経験のある方から、このバックグラウンドの必要性を聞くたびに、 このままでは世界中の人々の中で上手くやっていけない、と不安を抱くようになりました。
 もし今回、日本文化に密接な、この初詣の巫女バイト助勤をさせていただければ、この不安を払拭する一つの糸口になるのではないかと考えております。
 そのためにも、巫女バイトでこちらの寺社で学ぶ、新しい知識を積極的に吸収するつもりです。
成田山仙台分院仙台初詣巫女  そして、日本人としての自分を見出し、日本人として堂々と振る舞うことができるようになりたいと思っております。
 最後に、大学という閉ざされた世界にいる私にとって、巫女バイトとして寺社に方々や参拝にいらっしゃる方々など、不特定多数の方と接する広い世界は、未知のものでありますが、いつか挑戦しなければならない世界でもあります。
 私は持ち前の親しみやすい顔と、初対面の人とそこまで緊張せずに、笑顔で話すことができる能力を生かして、巫女バイトを精一杯やらせていただくつもりです。
また、三月の大震災で犠牲になられた方々や、今も苦しんでいる方々へ寄り添う気持ちを忘れずに、今年の初詣を心を込めて巫女バイトを通じてご奉仕したいと思います。
 どうぞよろしくお願いします。

正月で幼い頃からの憧れの巫女

成田山仙台初詣巫女  この度私が年末年始、正月初詣に巫女バイトとしての奉仕を志望した動機は、寺院や神社を訪れるのが好きで、以前から巫女バイトという仕事に憧れていたからです。
日常生活では関わりが少なくても、多くの方は人生の節目には寺院にお参りします。
一年で最も多くの方が神仏に新年の挨拶にいらっしゃる年末年始、正月初詣に、仏様の近くでお寺の方々の正月巫女バイトお手伝いをしたいと思い志望しました。
 私が寺院という空間に惹かれるのは、そこに居るだけで心が落ちつき、冷静になりながらもやる気が満ちてくるからです。
昨今有名なパワースポットとして人気になっていますが、ひっそりとした無人の寺院でも、癒されて心が温かくなります。
成田山仙台初詣巫女 それはきっと、規模の大小に関わらず、神仏の力なのだろうと思います。目には見えない部分だけではなく、境内を囲む木々、街中や住宅地では見れない建物、静かな中で響く風の音や、虫と鳥の鳴き声等も、私に非日常的な感覚を与えてくれます。現代では昔と比べ寺院は生活に密着したものではなくなりましたが、私達が人生の節目や仏様の力をお借りしたいときに訪れる心のよりどころという、重要な場所であることは変わらないと思います。
正月巫女バイトを初めてみたのは小さなことですが、晴れ着や武道の袴とも違う特別な感じがするものであること、白と緋の日本的で神聖な配色に目を惹かれました。
神聖な場所でお務めをする巫女バイトは未婚の女性しかなれないと知り、私の中で正月巫女バイトに清らかで晴れ晴れとした笑顔で参拝者に接する、明るく優しい女性というイメージを持ちました。
実際に自分も正月巫女バイトとして働いてみたいと思うようになり、年末年始に働く巫女バイト達を見ると、多くの方は年末年始の助勤なのかもしれませんが、一月のとても寒い中でも、初詣にいらした方々に明るく笑顔で接し、その光景はとても素敵でした。人々にとって初詣に寺院や神社を訪れ、そこに正月巫女バイトがいる風景は風物詩なのだと思います。
私が正月巫女バイトに抱いていた理想の日本女性のイメージは、多くの方がそれぞれ持っているのでしょうから、例え年末年始だけでも、仏様にお仕えして日本の伝統に携わっているという意識を持たなければいけないと思います。
普段寺院のお仕事に関する話はあまり聞くことができず、初詣は大変多くの方々がいらっしゃる時期であり、決して楽なお仕事ではないことが想像できます。
それでも女性として、日本の伝統的な正月巫女バイトの初詣のお仕事を経験させていただきたく、志望しました。
正月巫女バイト精一杯努力致しますので、どうぞよろしくお願いします。

正月仙台初詣の雰囲気で巫女バイト

仙台初詣巫女成田山  私は、正月巫女バイト未経験ですが毎年欠かさずに初詣に行っています。
初詣に行くことで気持ちも新たになり、新しい年に向けての意欲や決意を喚起することができるからです。
たくさんの人や正月巫女バイトが集まる賑やかな初詣の雰囲気は活力を与えてくれます。
昨年は、正月巫女バイトをするのではなく大晦日の夜から初日の出を待ちました。
冬の冷たく暗い夜の空から、朱く輝く太陽が昇ってくる様子を始めて見て感動しました。
それは毎年行っていた初詣の様子とは違い、清冽な空気の中で見る社はとても荘厳な雰囲気で圧倒されるように感じました。
正月巫女バイトもそうですが、普段の生活では味わうことのできない感覚でした。
そしてこの経験を通して、私はこの正月や初詣の日本の伝統行事と正月巫女バイトに強く関心を寄せるようになりました。
現在、私は大学で陸上競技部に所属しています。中学校の頃から競技を始めて現在7年目になります。
大切な試合がある度に社を訪れました。
正月巫女バイトをせずとも、参拝することでこれまでの努力が支えられるように感じられ、自分の大きな後押しとなってきたように思います。
自力だけではどうすることもできないことを、目に見えない大きな力が助けて下さることを実感してきたのです。
今回正月巫女バイトにおいて巫女になることでさらに大いなる存在に少しでも近づくことができたらと思います。
私は日常、部活動の練習に追われているため、正月巫女バイトをすることや、社会参加の機会があまりありません。
年間を通して唯一まとまった時間の取れる初詣期間中の年末年始を前に、ぜひこの機会に初詣の正月巫女バイトの仕事を通して社会参加をさせて頂き、自分自身も正月巫女バイトを成長の一助としたいと考えています。もとより練習で培った体力で、巫女バイトの仕事をすることにおいては自信があり、正月巫女バイトの深夜の仕事もしっかりとこなせると思います。
さらに私は、競技を6年間続けてきたように、何事も責任を持って巫女バイトを最後までやり抜くことができます。
正月巫女バイトは初めての経験であり、正月巫女バイトに関して分からないこともたくさんありますが、巫女バイトに採用して頂いた際には、貴社に訪れるたくさんの人々に快く新年を迎えていただけるように、精一杯巫女バイトの仕事に取り組みたいと思います。
そして東日本大震災が起きた今年は、鎮魂の心も込めて全ての被災された人々とともに正月巫女バイトをすることを通して新たな年を迎えたいと願っています。
正月巫女バイト初体験の特別な年であるという意識で初詣の正月巫女バイトの仕事に励みますので、どうかよろしくお願いいたします。

巫女という職業に憧れて

初詣成田山巫女  私がこの正月巫女バイトの助勤に応募させていただきましたのは、私自身が巫女バイトという職業にとても興味があったからです。
小さいころから一年の初めに初詣に行くのが大好きで、その度にそこにいる正月巫女バイトさんに憧れていました。
日本特有の巫女バイトという職業に憧れていたので、ぜひ初詣の巫女に携わってみたい、というのが友人から巫女バイトの助勤の紹介を受けた時の私の率直な気持ちでした。
ですが、実際に正月巫女バイトに応募させていただくにあたり、初詣に行くことの意味やそのために巫女バイトは何をすべきなのかということを私なりに考えてみました。

 私は物心がついたころから毎年初詣に行っていましたが、その意味するところを考えてみると、年の初めに昨年一年の感謝の気持ちを持っていく人や、今年一年が良い年になるようにとお祈りをしに行く人、また学生さんや生徒さんが受験の合格祈願に行くことや、そのほか縁結びのお祈りをしに行く人など、さまざまな気持ちで行く人がいるのだろうと思います。
そして、目的はさまざまですが、その人によって重要な意味を初詣や巫女バイトに対して持っているのだと思います。
導師と初詣巫女 私は巫女バイトの経験がありませんので、初詣が本来意味することははっきりとはわかりません。
ですが、そこに初詣の重要性が存在することは確かだと思います。
その大事な初詣に巫女バイトとして携わることの重要性を感じ、いらっしゃる方々が気持ちよく参拝できるように、正月巫女バイトを通してできることをしっかりやれるようにしたいと、私は思っています。
また、高校生活3年間で、学校の宗教である仏教について学び、巫女バイトはではないのですが、実際に勤行や降誕会、成道会や涅槃会などの仏教行事にも参加してきました。
その際、仏教が現代の生活に及ぼしていることがあることなどに興味を持ちました。
初詣での正月巫女バイトは未経験なのでどんなことをするのかはわかりませんが、そういった経験を巫女バイトで生かせればと思っています。
また、巫女バイトに関することや仏教の経験とは別に、高校生活の中で部活動を続けてきました。
その際に、自分と同年代の生徒のほかにも、保護者さんや年下の小学生、中学生、他学校の先生方など、幅広い年代の方々と接する機会が多くありました。
正月巫女バイトをさせていただくことなりましたら、巫女バイトでそのような経験を生かして、巫女バイトとして明るく丁寧な対応を心掛けていきたいと考えています。
私が今回巫女バイトの助勤をさせていただけることになりましたら、これらの意思、経験をもって、初詣に巫女バイトとして携わることの重要性を強く意識し、いらっしゃる方のために、これまでの経験を生かして、巫女バイトで、できることを精一杯やらせていただきたいと思います。

仙台初詣に関するお問合せは下記にて承ります。

大本山成田山仙台分院
住所   :〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話番号 :(022)225-8640

  

正月巫女バイト動機ページのTOPに戻る