大本山成田山仙台分院の初詣

初詣の縁起物 招き猫

仙台初詣   サイトマップ

縁起物ランキングくまで破魔矢と鏑矢|招き猫|だるま絵馬とお札七福神

仙台初詣の縁起物 招き猫

商売繁盛の縁起物 招き猫

商売繁盛招き猫  招き猫は、人間で言えば手にあたる前足で人を招く形をした猫のことです。 猫は農作物やかいこを食べるネズミを駆除するため古くは養蚕ようさんをされてたところでは縁起物でありましたが絹糸をつくる養蚕が衰退してからは猫が商売繁盛の縁起物とされています。

 現在では猫好きの人気を集め、さまざまな形が作られているようです。伝統的な白、ほかに黒や赤など、ピンクや青そして金色のものもあり商売繁盛以外にも色によって意味合いが違っているようです。また、日本ばかりでなく、最近は中国やアジアを始め、世界のあちこちで姿が見られるようになってきました。

招き猫について

 招き猫、ちょこんと座って手を挙げて福を招く姿は、猫好きの方にもそうでない方にもあの愛くるしい姿はとっても好かれていて、縁起物の中でも人気者なのではないでしょうか。

 ところでカラオケ「まねきねこ」というカラオケ屋さんがありますが、そうではなくて今回は縁起物の招き猫を見ていきましょう。

千客万来招き猫  この招き猫ですが、いろんな色もあるし、手の上げ方も神社やお寺で売っているものによって様々です。どれを選ぼうか迷うという方のために、まず招き猫の挙げている手に着目して説明していきます。
まず、招き猫が右手を挙げている場合。これは、お金を招いている、すなわち「商売繁盛」の意味を持つ招き猫になります。
そして招き猫が左手を上げている場合。こちらは、人を招いている、すなわち「千客万来」の意味を持つ招き猫です。
ちなみに両手を挙げている招き猫もいますが、これは現在では右手と左手両方を挙げているということで、「すべての福を招く」とされています。しかし昔は両手を挙げた「お手上げ状態」ということで「降参」という意味を表しあまり好かれていなかったようです。

 招き猫には性別があって右手を挙げているのがオスの猫、左手を挙げているのがメスの猫なのだとか。両方の場合はちょっとわかりません。

 招き猫の手について一通りですが意味などが分かった所で、こんどは色についてみていきましょう。

 猫には三毛猫というのがいますが、そう、白に茶色・黒のブチをもった日本では有名な猫です。この猫、実は圧倒的に性別ではメスが多いらしく、オスの三毛猫というのはなかなか見られない、世界でも珍しいものなのだそうです。そして、この三毛猫のオスというのはその珍しさ故か幸運を招くとされています。

 さて先ほど招き猫の挙げている手について説明していきましたが、もしこの招き猫も、三毛猫模様の右手を挙げている猫ちゃんだったとしたら、右手を挙げている招き猫は先ほどオスであると説明しましたが、そう、とてもありがたい招き猫になってしまうわけです。 というわけで三毛猫の模様の招き猫には、幸運を招く、という意味があります。左手を挙げている場合でもおそらく色が三毛猫色であれば幸福を招く意味というのは変わらないのです。

金招き猫  三毛猫以外の色と招いている福は、以下のようになります。

 招き猫についてみていきましたが、可愛らしいうえにやはりご利益満載の縁起物のようです。初詣で購入したいと考えている方は、ぜひこちらの説明も参考にしてみてください。

大本山成田山仙台分院の猫

 当院には猫がいます。名前はニルギリ(Nilgiri)。名前の由来はお釈迦様が生まれたインドにあります。南インドタミールナド州でつくられている紅茶の総称をニルギリといいますが、ニルギリとは現地の言葉で「青い山」という意味があり、お釈迦様の地インドから取った風流な名前です。紅茶の色も、この猫のように綺麗な色をしていて、当院の猫とぴったり合うと思いませんか。

 いわば、当院の招き猫といえるでしょう。 当院にお参りするとき、境内や道端にいるので、初詣の時に見かけたらお声がけください。

大本山成田山仙台分院の招き猫  大本山成田山仙台分院の招き猫

大本山成田山仙台分院の招き猫  大本山成田山仙台分院の招き猫

縁起物ランキングくまで破魔矢と鏑矢|招き猫|だるま絵馬とお札七福神

仙台初詣に関するお問合せは下記にて承ります。

大本山成田山仙台分院
住所   :〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話番号 :(022)225-8640
メール  :info@naritasan.co.jp

  

縁起物 招き猫ページのTOPに戻る