大本山成田山仙台分院の初詣

縁起物 破魔矢と鏑矢

仙台初詣   サイトマップ

縁起物ランキングくまで|破魔矢と鏑矢|招き猫だるま絵馬とお札七福神

仙台初詣の縁起物 破魔矢と鏑矢

破魔矢

成田山の破魔矢  破魔矢とは、正月・仙台初詣の縁起物として寺社仏閣で授与される矢のことで、破魔矢と破魔弓をセットにすることもあります。

 破魔矢でみられるのは主に和弓の矢(日本の矢)を模したものです。そして和弓に用いられている矢には、本来矢竹の端に鏃を、反対の端にや羽や筈をつけて作っているそうです。縁起物の破魔矢も同じく模してあります。縁起物の破魔矢弓は木製や竹でできており、独特の着色を施し、羽などを添えてはなやかさを演出してあります。

 初詣・正月に行っている弓のわざを試す射礼という行事に使われた弓矢に由来するとされているそうです。元々「破魔はま」は競技に用いられる的のことを指していたそうです。そこから転じて、一年の好運を射止める縁起物ということで初詣で授与されるようになりました。

破魔矢  破魔矢。とっても有名な縁起物で、初詣に行った際は必ず手に入れておきたいもの。その年の干支の絵があしらわれた破魔矢などもあるので、チェックしておきたいですね。

 破魔矢とはいうものの、その矢の先端は鋭利な刃物ではないところも特徴です。しかし、破魔矢とは物を単に射るためのものではなくて、邪気や妖気を浄化するものであるため、刃先の先端が鋭利でなくとも良いわけです。なんとも頼もしい!新年を迎えるにあたって、ぜひ悪い気や良くない何かは寄せ付けないようにしたいものです。そんなときのための破魔矢です。

 本来は破魔弓という、破魔矢を放つ弓とセットで手に入れるそうなのですが、最近では破魔矢のみ購入するほうが多いです。これでは破魔矢の意味がないのでは・・という方、大丈夫です、ご安心ください。

 わたしたちは一般人ですので、自分で邪気を祓ったり破ったりするのは不可能に等しいです。そういう力は、それ相応の修行を積み体得した方、例えばお坊さんとか正式な霊能者の方でない限りは、得ることが出来ません。 しかし、わたしたちが初詣でお参りをするのはお寺や神社など。そう、お寺の住職・僧侶さんや神社の神主さんらは、それ相応の修行を積み、邪気を祓う力を持っておられます。

 ですから、お寺や神社の方々が破魔弓を持ち、その邪気を祓う方向とかを見定めて構えてくださり、わたしたち一般人はその破魔矢を購入することで、邪気や妖気に対して破魔矢をその破魔弓から射てもらうという形となるので、大丈夫なわけです。

 破魔矢のご利益としては「開運厄除」「家運隆昌」が挙げられます。厄除けのお守りにもなりますから、神棚に祀らなくても、玄関の扉の内側、位置としては上の方に取り付けるのも良いとされています。

 新しい新年を気持ちよく迎えるためにも、ぜひ破魔矢を購入しましょう!

鏑矢かぶらや

鏑矢  鏑を矢の先端に取り付け、やじりがあるものを鏑矢と言うそうです。 現在では流鏑馬やぶさめなど伝統行事や式典などで使用している以外にも、飾り矢として邪や魔を払う縁起の良いものとして親しまれているのです。

まとい

まとい  馬印がまといの起源です。江戸時代に町奉行大岡越前が纏を推奨しました。町火消し(現在の消防士)の組の中で選ばれた者が「纏持ち」で火事場の屋根の上で纏を目印にして纏を振ることで火消し役を鼓舞する役目もはたしたのです。「纏持ち」は町火消し組のアイドル的な存在で纏は組のシンボルでもあったので火消し役は「纏と纏持ちを燃やすことはできない。」という強い気持ちで火消しに大いに勤めたのでした。よく江戸時代の下町の風俗を題材にした時代劇の火災現場で「纏持ち」が登場します。現在は消防署などで纏のマークをよく見かけます。江戸時代の町火消しの精神が今でも息づいているのです。明治時代のころから防火の縁起物として玄関、台所や部屋などにかざられるようになりました。縁起物の纏は普段から火の用心、防火を心がけるためになっているのです。

 初詣・お正月期間中、大本山成田山仙台分院でも縁起物として販売しております。ぜひお持ちになってください。他にもたくさんのお守りなどがおいてあるのでどうぞ当院まで初詣にお気軽にお越し下さい。

縁起物ランキングくまで|破魔矢と鏑矢|招き猫だるま絵馬とお札七福神

仙台初詣に関するお問合せは下記にて承ります。

大本山成田山仙台分院
住所   :〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話番号 :(022)225-8640
メール  :info@naritasan.co.jp

  

仙台初詣の縁起物 破魔矢と鏑矢ページのTOPに戻る